爪を12年間かじっていた私が、深爪を治してカウンセラーになるまで。〜修行中〜

理系大学出身、爪をかじる癖がどうしても12年間治らなかった筆者が、カウンセラーを目指すことをきっかけにして深爪を治した経験を元に、自分の心の向き合い方と爪を噛んでしまう心理について考えるブログです。

爪が短いのに爪切り…? 自分に厳しくしすぎてはいませんか? 〜爪噛み癖を治す手段(意識編)〜

こんばんは、ぴゅーです。

 

 

さて、今日は

爪のお手入れについて書いていこうと思いますが

いつもより、実体験の内容多めです。どうか御容赦ください。

 同じ境遇の人に見て欲しい! という気持ち強めの記事です。

 

特に、

自分に厳しすぎる人、

自分を犠牲にしてでも他人に優しくしなきゃと思う人

で、なかなか癖が治らない方。

 

ぜひ、記事を読んでください。

 

 

 

 さて、突然ですが

爪を噛んでいる方、

今、あなたは自分の爪を手入れしていますか?

 

爪切りを最後に使ったのはいつですか?

 

 

足の爪を切るのに使った、とかはナシです(^^;

 

多分、あんまりいらっしゃらないかと思います。

 

 

 

爪を噛んでいるが故に爪が常に短いからと言って、

爪切りまで放棄してはいけませんよ。

 

もちろん、短い爪をさらに切れ、という意味ではなく

爪を綺麗に保つ、という意味での爪切りです。

 

 

 

では、以下でその理由について。

 

 

まず、「爪を噛む癖」を治すか否か、

以前の記事でも書いたように、

それがどんなに端から見ていて見苦しい行為だったとしても、

究極的には各個人の自由に任されるべきことです。

 

ただし、少しでも自身の中で後ろめたい気持ちがあったり、

治したい、治ればいいのになという気持ちがあるのなら、

治す努力をすべきです。

これは、爪を噛む癖を治すうんぬん以前の話でもありますが…

 

 

 

そして、いざ癖を治したいと願った時、

 

自分に厳しすぎる人、

自分を犠牲にしてでも他人に優しくしなきゃと思う人、

 

ぜひ、

「爪噛みは自分を犠牲にする行為だ」

ということを改めて考えてみてください。

 

 

 

もし、あなたが「人に優しくしたい」という気持ちが

人一倍強い方の場合。

 

爪を噛んでストレスを軽減する、という行為は

例えるならば

誰か一人を生贄にすることでその他大勢の人に優しくする

という行為だと思います。 

 

 

その生贄とは、

あなた自身です。

 

 

 自分の意識から離れた、

もう一人の自分という存在がいると想像してください。

 

 

あなたは、他人に優しく接したりすることで

喜びを感じていたとしても、

その代償として爪を噛んでいた場合、

一方で、もう一人の自分を徹底的に痛めつけているという行為をしているに等しいのです。

 

たとえどんなに生贄が泣き叫ぼうが、

どんなにわめこうが、

あなたは気にしていません。

むしろ生贄が必要だと思い込んでいる状態です。

 

そして、

その生贄はあなた自身です。

 

 

 

 

爪を噛んでいる人が、皆このパターンに当てはまるとは、もちろん思ってません。

パターンに当てはまる、出来るだけ多くの人が、

どうかこの記事を見てくれる日が来るように。

 

 

 

 

気づいてください。どうか。

あなたはあなたが思っている以上に

大切にしなければいけない存在です。

どうか気づいてください。

 

 

 

 

爪の手入れを怠ってはいけない理由、

それは、御手入れが

自分を大事にしようとする行為に他ならないからです。

 

 

ハンドクリームやネイル用オイルなどを買って、

ぜひ、自分の爪をいたわってください。

指の皮膚までかじってしまう人は、

自分の指のささくれをきちんと爪切りで切ってあげてください。

そして、ヤスリで丁寧に爪を整えてあげてください。

 

…そして、あなた自身を決して無下にしないよう。

 

 

 

 

 

 

 

では、

また明日。

読んでくださった方、ありがとうございました。

 

▼▼▼質問・相談はこちら▼▼▼

bokuhoshi1103@gmail.com