爪を12年間かじっていた私が、深爪を治してカウンセラーになるまで。〜修行中〜

理系大学出身、爪をかじる癖がどうしても12年間治らなかった筆者が、カウンセラーを目指すことをきっかけにして深爪を治した経験を元に、自分の心の向き合い方と爪を噛んでしまう心理について考えるブログです。

自己否定型の性格の人向け:ネガティブからの抜け出し方。

( -。-)スゥーーー・・・ (o>ロ<)oコンバンハアアアアアアアア

 

ぴゅーです!!!!!!!!

 

 

 

 

最近元気なかったんで

魂を削って元気出したいと思います!!!

 

 

 

 

いや、前回の投稿含めて

なかなか精神状態が危うかったんですけど。

ちょうど、ここ1週間くらい。

 

 

 

悩んだ末、結論が出ました。

…1週間も悩んだら、もう悩みすぎでしょ!!!

(ちなみにまだ何も解決してないです(^^; )

 

 

 

という訳で、

最近の自分の状況も踏まえた上で、

『ぴゅ流⭐️自己否定型の性格の人向け:どうしようもなくネガティブにはまった時の抜け出し方!』

をちょっと考えてみようと思います!

(自分で書いててめちゃめちゃ恥ずかしいです 笑)

 

 

 

今回やったのは

ざっと、こんな感じです。

一個ずつ簡単な解説を加えたいと思います(^^)

  1. 身体を動かす
  2. 身体を労わる
  3. カラオケに行く 

 

 

 

 

1. 身体を動かす

いわゆる「軽い運動」です。

今回は、ひたすら外を歩いただけでした。

 

 

ストレスを感じる時っていうのは、否応なしに

誰でも日常生活でたくさんあると思うのですが、

基本的に、なんかあった時って

その原因の大元を叩いてすぐに解決できれば一番いい…

ただ、そうもいかない時っていうのもよくありますよね。

 

どうしても解決までに時間が空かざるを得ないとか、

もしくは気持ちだけが急いで空回りするとか、

取り乱してしまって、自分だけではどうしようもないとか。

ひどい時だと、プライベートの時間でさえ何も手につかないとか。><

 

まさに、今回私はこんな状態でした。

そんな時、どうするか?

 

余計なこと…

今考えてもどうしようもないことについて、

考える時間を作らなければいいのではないでしょうか?

 

 

今回、私はひたすら歩きました。

 

いい意味で気を紛らわせるためには、

何かに集中するのが一番良いのかもしれません。

読書とか、DVDで映画見るとか。

 

ちなみに、個人的な体験談ですが

軽い運動をしていると、なぜか運動中は

ネガティブにはならず、ポジティブな考えが自然に浮かんでくるような気がします。

あと、運動をしようって思い立つような瞬間は、

「悩んで悩んで、何をやってもしょうがないから今日はダメな日」

って開き直れたりすることが、私は多かったです(^^;

 

 

 

 

2. 身体を労わる

私は、ついつい

「自分を否定してしまう」ことが性格の基盤になってしまっているのですが

なんか…嫌なことがあった日ほど、

お風呂入らないで寝たくなったり、

やけ食いしてみたくなったりするんですよね。

まぁ、次の日のすべての行動に響く、ひびく。(・・;)

気持ちも体調も。(・・;)

 

 

私と同じパターンで現実逃避しちゃう人、いませんか??

 

 

ストレス感じた時ほど、身体のケアです。

ストレスを感じた時にやることは、やけ食いじゃありません、

湯船に浸かること、あと出来れば身体のマッサージ!

 

やけ食いした時のご飯の味と、楽しく食べるご飯の味。

全然違うと思います。

今回、私は身体を労わることを一番気をつけました。

 

 

 

 

3. カラオケに行く

えー、こちらはちょっと変わりまして

皆さんご存知の通り、

持続性はないけど、即効性はある方法です! 笑

 

今回、私がストレスを感じた時(ショックを受けてすぐの時)

本当は、すぐ誰かに愚痴ったり、相談聞いてもらったりしたかったのですが。

そんなにいつもいつも友達も暇じゃないので…友達は捕まらず💧

どうしようもなくなってカラオケに駆け込みました(ノω・、) ウゥ・・・

 

 

私を始め、

ストレス溜め込みがちな人は

時には、とにかく感情を口に出すことで

自分の状態を自分で認めることも必要かもしれません。

 

そのためのカラオケです!

バカとか死ねとか、叫んじゃっていいんです!

どんなにギャン泣きしても、バレません!

トイレに駆け込むよりオススメです!

一人カラオケだったら、どんなにバカでかい声で叫んじゃってもOKです!ゞ( ̄∇ ̄;)

 

喉を潰さない程度におすすめなのは、

マイクを使わないで歌ったり叫んだりすること

やったことがない方はお試しあれです! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、3種類のストレス解消法についてでした。

 

 今回は、自分自身がストレスを感じて対処したことを

イムリーで記事にしてみましたが、

 

最終的には

ストレスの根本に向き合うべきかどうか、判断する必要はあるかな

と思います。

 

積極的に自分から、原因・環境の改善を加えていくのか、

はたまた、ストレスの原因から自分を遠ざけるのか。

どちらでもいいと思います。

それは場合によりけりでもあるし、

個人が決めるべきことでもあると思います。

 

 

ただ、

一番まずいのは、

ほったらかしにして、一時的な現実逃避を繰り返すことなんじゃないですかね。。

 

 

なんか、

いつまでも自分が成長しないとか

何度も問題を繰り返してしまううんぬんとかの前に、

単純に、

苦しくてどうしようもなくて、

現実逃避をするたびに悲しくなるような気がします。

 

 

問題と向かい合う、その時は

間違いなく苦しいのですが。

 

でも、現実逃避を何度も繰り返す方が、

苦しいんじゃないのかなぁと思います…

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに。

 

迷ったってしょうがない!

行動あるのみ!

 

たぶん、この2つが一番の正解で、正論でしょう。

 

ただ、ここではあえて「そんなことはわかってる」と言わせて欲しい。

 

私が声を大にして言いたいのは、

ストレスを感じるタイミングで

自分の感情にいちいち反応してしまう人は、

行動を起こす前に

感情に向き合う時間があったっていいんじゃないかってことなんですよ。

そのプロセスが必要な人、絶対いると思うんだよね。

というか、私が欲しい。

 

 

今後の個人の目標としては、

その『時間』をできるだけ最小限にする方法は模索したいなと思ってます。

体系化できたら、他の人にも伝えられるし。

今回は自力でやったら1週間かかりました…問題の大きさもありましたが。

 

 

自分自身が

自分の最高のカウンセラーであり、コーチであり、

そしてヒーラーでありたいなと

私は思います。

できる限りね。

 

 

 

 

 

 

では、本日はこの辺で。

読んでくださった方、本当にありがとうございましたm(_ _)m

 

 

▼▼▼質問・相談はこちら▼▼▼

bokuhoshi1103@gmail.com