爪を12年間かじっていた私が、深爪を治してカウンセラーになるまで。〜修行中〜

理系大学出身、爪をかじる癖がどうしても12年間治らなかった筆者が、カウンセラーを目指すことをきっかけにして深爪を治した経験を元に、自分の心の向き合い方と爪を噛んでしまう心理について考えるブログです。

人から信用を得るために必要なものは.....

ごぶさたしております、

ぴゅーと申します。

 

ほったらかしの間にも、

読者登録してくださった方

そして、引き続き読者登録してくださる方

本当にありがとうございます!

 

 

記事書けないなぁ、書けないなぁって

また性懲りもなく悩んでたんですが.....

すみません、

実は、開き直りました。

 

それは何故かというと.....

 

 

悩んでるときに記事書いた

その文章は

読んでる人に

「こいつ迷ってるな」って、

きっと見透かされると思ったから。

 

 

私、

ブログ書くときに

「自分で考えてもないことを、

 さも考えてるように書くのは

 絶対に嫌だ!」

といつも思ってます。

それは何故か?

 

 

 

 

つい数日前に

BLUE GIANTっていう

すごい名作をイッキ読みしたので

早速そこの名言から1つパクリたいんですが、(笑

 

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

 

 

 

 

『内臓をひっくり返すくらい

 自分をさらけ出す』

 

作品の中で、

こんな表現が出てきます。

 

根性モノが好きな人は

間違いなくハマると思いますので、

未読の方は、ぜひ(^^)

 

 

 

 

 

 

ブログをいよいよ始めよう!と思って

はてなブログに登録した時は、

多少のヨコシマな想いが、私の中から漏れてました。

 

アフィリエイトでちょっと収入あったらいいなとか、

いずれ個人商品が出来たときに、

ブログ入口にして誘導出来たらいいなとか(←あからさまですねwww)。

 

 

 

ただ、

記事を書いていくうちに

読者登録をしてくださる方が増えたのを見たとき、

 

なんというか....

 

「1ミリだって嘘をついた記事を書きたくない」

と感じました。

 

 

 

 

特に増えたのは

生い立ちの記事シリーズを書き終わったタイミング。

 

fukadume-bokuhoshi.hatenablog.com

 

 

もしかしたら

ただ不幸話が、読み物として面白かったと思われただけかもしれないですね。

 

 

でも、

「なんでこんないきなり読者登録が増えてるんだ!?」

って

びっくりしたあの日、

 

 

中身さらけ出してよかったなぁって、

本当に思いました。

 

 

バカ正直すぎて

考えてることとか、感情とかが

もろに顔に出る性格で、

それを死ぬほど悔やんだ時もありましたが

(就活の時期とか、就活の時期とか就ry)

 

 

やっぱり、

それでも私は

バカ正直で

細かいことにいちいち立ち止まったりして、

人を全力で信用して

 

時々、

人から裏切られた気持ちに勝手になったり

ほんとに裏切られたり

人からの信用を裏切ってしまったと

ひっそり独りの時に泣いてしまったとしても

 

 

 

それでも

死ぬまで

何回でも人を信用して

人からの信用を大事にする生き方を

お金よりも、

何よりも大事にしたいと

 

 

読者登録の数が増えた時に

改めて思いました。

 

 

 

 

だから、もう

「ブログほったらかしにしてすみません」

とは書きません。

その代わり、

「本心から1ミリでも離れたことを絶対に書かない」

と、改めてお約束します。

 

 

読者登録を、

そして、

この時間を

私の記事を読むために使ってくださった方々のために。

 

 

 

 

 

悩んでたこと。

それは、次回からの記事で。

 

 

ここまで読んでくださった方、

本当にありがとうございました。

 

****************

 質問・相談はこちら

 bokuhoshi1103@gmail.com

****************